診療内容のご案内

形成外科

眼瞼下垂眼瞼下垂
がんけんかすい

信州大学方式の眼瞼下垂症手術

美容的な手術ではなく、保険診療で行っています。

頭痛、肩こりの改善が見込まれることもあります。症状の改善は、個人差があります。
手術は1時間程度の外来手術、結果として二重になります。
詳しくはクリニックで
術前に眼瞼下垂の検査を行います。

皮膚のできもの、ホクロできもの、ホクロ

皮膚のできもの(はれもの)

細菌による感染があれば抗生剤を処方します。感染がおさまったら、摘出手術を行う予定です。
局所麻酔による15分ほどの手術です。
術後1週間で抜糸します。

ホクロ

ダーマスコピー(拡大鏡)による診断を行います。
病理診断による悪性をチェックします。
保険診療あるいは自費による手術を行います。

多汗症、わきがわきが、多汗症

多汗症(保険適応あり)

ボトックスによる治療です。 
最近、保険適応となり、十分な効果が得られます。

わきが(手術治療あり) 

最初は塗り薬を処方します。必要に応じて、汗腺切除などの手術をおすすめします。

きずあと・ケロイドきずあと・ケロイド

ケロイド

ステロイド治療(注射、貼り薬、塗り薬)、圧迫指導が中心となり、手術も行います。

きずあと 

きずあとを目立たなくする手術加療などがあります。
ひきつれを軽減させます。

逆さまつげ逆さまつげ

まつげが目にささる状態です。
皮膚を切開してまつげをそっくりかえします。

陥入爪・巻き爪陥入爪

つめがささる爪周囲の炎症です。
ワイヤー矯正(自費)などもありますが、フェノール法による手術(保険診療)もおすすめします。
爪の管理について詳しく説明します。

けが・やけどけが・やけど

やけど

軟膏治療を行い、治りずらい部分に植皮などの手術を行います。

けが 

縫合処置などで対応します。

手のけが

カッター、包丁などによるけがです。
必要があればレントゲンによる骨折をチェックします。
専門医による腱縫合など適切な処置を行います。

鼻骨骨折鼻骨骨折

デジタルレントゲンによる診断を行います。
整復固定を行います

診療内容のご案内

診療日・時間

平日

午前9:00~12:30
午後2:30~ 5:30
(土曜日は午後4:30まで)

休診日

水曜日、日曜日、祝日

アクセス